みんなちがってみんないい めーぷる保育園
森のようちえん めーぷるキッズ
HOME > もあな保育園ブログ

もあな保育園ブログ

もあな保育園の楽しい活動の様子を日々お伝えしています。

お部屋の紹介

0
     もあな保育園の室内環境をご覧ください!
    こちらは乳児室です!

    IMGP2144.JPG

    1歳児・2歳児のお部屋です。木のおもちゃもたくさんあります。奥は調理室です。調理室の下の配管にはエコパイプといってステンレスを使用しています。塩ビは溶けて汚水に流れますので、環境にも配慮しています。

    IMGP2146.JPG

    パーテンションも杉材で大工仕事の仕上がりです。一切接着剤は使用していません。

    IMGP2147.JPG

    トイレも木に囲まれた落ち着いた空間です。

    IMGP2145.JPG

    事務空間もすべて杉材を使用しています!!

    IMGP2148.JPG

    すべてが落ち着いた空間ですよ!!

    もあな保育園入園要綱

    0
       もあな保育園の月極保育はめーぷる保育園と同じ要綱になります。

      コチラを参照ください。

      もあな保育園の保育

      0
         

        1.Sharing Nature 

        自然を共に分かちあおう!






        自然の中で遊ぶことは、こども達の感性や感覚を養うため上で必要不可欠なものです。子ども達は自然の中で「気づきや発見」を繰り返し成長していきます。私たちは子ども達と共に自然を分かちあいながら、こどもの成長を見守っていきます。




        2. Family Growing Together

        子どもも親も先生もみんな一緒に育ちましょう!





        少子化、幼児虐待,性犯罪など、子どもに関するさまざまな問題の解決を考える上で、私たちは「親」の可能性に注目しています。

        核家族化や都市化の影響で、孤独で息抜きができないような状況で子育てをしている親が増えています。たとえ親子であっても24時間ずっと顔をつきあわせていてストレスを感じない人などいないでしょう。そんな親のストレスを子どもは敏感に察知しそれが子ども自身の情緒不安定の一因となります。
        園内でも保育者と親とのコミュニケ―ションやワークショップを通じて親が「自信」と「仲間」を得ることができ、子育てがもっと楽しいものになります。
        自信に満ちた親や回りの大人達との関わりが、子どもの社会性を育む上で重要であると私たちは考えます。

        「遊び」を通して、子どもだけでなく大人も成長していくものと考えます!一緒に遊び・一緒に育ちましょう!

        3.Play a lot

         とことん遊びつくそう!



        こどもは「あそび」が仕事です。こどもは遊びを通して成長します!我々はこども達が無条件にあそべる環境をつくりだします。子ども達の自己肯定感を大切にしつつ、成長を見守っていきます。


        もあな保育園のコンセプト

        0
           

          コンセプト1 森のようちえん

          森のようちえんには様々なスタイルがあります。
          ドイツの森のようちえんは園舎を持たず、毎日森へ出かけていくスタイルです
          日本では自然環境の中での幼児教育や保育を、森のようちえんと呼びそのスタイルは様々です。



          園舎を持つようちえんも、園舎を持たないようちえんもあります。
          スタイルはいろいろありますが、共通しているのは自然の環境の中での幼児教育と保育です。



          そして多くの森のようちえんは、意図的に大人の考えや考え方を強要せず、子どもが持っている感覚や感性を信じ、そして引き出すようなかかわり方をしています。



          コンセプト2 食育

           

          もあな保育園の食育ポリシー

          その1:給食

          給食は生活クラブ生協及びオーガニックマーケットより取寄せた厳選素材です。無添加・無着色・遺伝子組み換えなどを行っていない。極限に農薬を使わない野菜などを使用しています。食事も和食を多く取り入れ、栄養価の高く、健康的な給食つくりを目指しています。





          その2:畑と旬な食材

          当園では、畑を運営しており季節の野菜をできる限り調達する他、子ども達の活動の中でも苗植え・水やり・収穫など実際に野菜と触れる機会をつくることにより食物への感謝の意や関連性を学びます。

           



          コンセプト3 木育

          「木育」とは

          木材を利用してゆくための単なる普及活動に留まるものではなく、木材を利用することを通じて、「産まれた時から老齢に至るまで木材に対する親しみをもつこと」、「木材の良さや特徴を学び、その良さを活かした創造活動を行うこと」がこども成長の中で必要であると考えています。

          木のおもちゃ・天然無垢材の内装作り・木の実や枝などの自然物クラフ
          トなど
          これらを通じて、様々な素質を持った人間(例えば、森林育成活動へ参画する人間や自然環境及び生活環境について自ら考え行動できる人間など)を「育む」きっかけとなる活動であると位置づけられる。




          | 1/1PAGES |

          Copyright (C) もあな保育園. All Rights Reserved.